訪問で見積もってもらう方法とは

引越しの訪問見積りと言いますのは、引越し元の家に対して業者の営業マンに足を運んでもらい、荷物のボリューム或いは道幅といった社会環境を下調べしたうえで金額を計算してもらうサービスになります。これは原則として無料といえます。加えて、必ず立会人が求められますが、代理人でも差し支えありません。一部には不動産屋に対して立会い代理の依頼をしている人もいます。しかしながら、費用の値引き交渉、あるいは細々した必要な作業内容の伝達につきましては当人でないと非常に難しいこともあり得ますので、可能な限り当人が立会って利用することをおすすめします。

訪問して見積もってもらう主なメリット

現実の上で足を運んでもらうことで、荷物の量、あるいは立地条件など、インターネット、あるいは電話のみでは伝達しきらない中身や、伝達し忘れもないことから、より確実な見積り金額がわかります。ひとつの例として、家具のサイズ、あるいは荷物のボリュームなどがわかると、そのボリュームに適した大きさのトラック、あるいはどうしても必要な作業人数が認識できます。さらに、住環境によりましては、吊り下げのための必要な作業、あるいは保護材のプラスなどが求められる場合もあります。こうした特殊な作業の有る場合と無い場合をあらかじめチェックすることができますので、利用することをおすすめできます。訪問で明確にしておけば、その日になってあわてて事前準備をしたり、料金が変わってしまうこともなくなるため気がかりなく実行できます。

見積もってもらい際の留意すべき点

原則として見ているだけで構いませんが、事前準備、あるいは礼儀作法はしっかりと認識しておきましょう。営業の担当者が訪ねたら直ちに引越し費用を聞いたり、値切り交渉をスタートする方がいます。荷物のボリューム及びどうしても必要な作業を確認しないことには費用をだすことは不可能です。時間に追われている人ははじめに言えば時間内で収拾がつくよう交渉してくれますので、始めから営業職員に金額を聞いたり、交渉を開始するのはやめましょう。加えて、その時に見積り金額が提示されますが、相場を知っていなければ、示されたプライスがリーズナブルなのか高いのか不明で、事と次第によるとリーズナブルに利用するチャンスを逃してしまうかもしれません。そのようなことの無いように訪問前にどの程度の金額が適正か相場感を理解しておくことをおすすめします。

ピックアップ記事一覧